顎関節症と股関節症、ギックリ背中の同時改善例 39歳 女性

● 主訴:両顎の痛み・歯ぎしり

● 併発症:肩こり、右股関節の痛み

菊池さん顎

● つらくなった時期:ずっと前から不定期に繰り返している。今回は仕事に差し支えるほどに痛い。

● 問診時のお話:

身体を動かず仕事をしており、痛みがあると気になってしまい集中できない。

また、食事の際も口が開けられなかったり者が噛めなかったりと不自由。

根本的に施術で改善させたいとのこと。

 

施術内容・経過

初診:R1年12月20日

両顎の開口痛・開口制限。

体幹に強い右回旋制限、右肩関節に挙上制限。左非荷重症候がみられる。

下肢には右の股関節の運動痛、運動制限がある。

リダクター施術と下肢の運動療法を行う。

施術後にインナーマッスルを使った姿勢指導、立ち座り指導を行い自宅でも行うよう指導。

 

2回目:12月26日

右肩の挙上制限が改善し、股関節の痛みも常時ではなくなる。

回旋制限は逆に強まり、左非荷重症候は右非荷重症候に逆転している。

顎は一回の施術でとても楽になったそう。

リダクター施術を行うと、それらがより改善し顎の症状もより緩和する。

 

3回目:R2年1月8日

前回の数日後にダンスをして症状が再発。その後股関節も痛む頻度は多かったそう。

左肩にギックリ背中の症状【筋肉の張り・疼痛・頚椎周囲の熱感など】がみられる。

施術はかける時間を抑えめにし、様子を見ることにする。

左頚部にアイシングとテーピングを施し、安静のための姿勢指導も行う。

 

4回目:R2年1月14日

今回も施術を受けてすぐに顎の痛みがなくなったそう。

アイシングを継続してくれたそう。

股関節の痛みは変わらずで、運動療法とリダクター施術を行う。

 

5回目:R2年1月24日

症状が良好なまま経過して、顎の状態に伴い股関節の調子も良かったそう。

もう少し通院が必要だと伝えたが、ご本人が満足されており、多忙なため、施術終了とする。

通院終了時の状態(まとめ)

顎関節症と単純性股関節炎の併発症で、治療期間が長引くかと思われたが、経過が早く安心した。

途中、急性のギックリ背中を起こしてしまったがその時の対処も良かったと思う。

しかし運動をよくされている方は体力に自信がある方が多く、早めの施術終了になってしまっという印象もある。

もう少しメンテナンスの意識を積極的にお伝えし、再発リスクを十分抑えておきたかった。

住所 〒173-0023

東京都板橋区大山町15-5 グランドール大山 101

詳しい道順を見る>>

電話番号 03-3554-0159
営業時間 AM9:30~13:00 PM15:30~20:00(基本年中無休)
定休日 不定休
駐車場 院向かいに個人経営の有料駐車場があります。
電子決済 クレジットカード ペイペイ

■ホームページ限定特典

痛みや不調のある方はこの機会に一度ご相談ください

リダクター全身矯正コース

\今だけ/  初回+再診(通常8,300円)

▶2回で 5,960円(税込)

ご予約の際『ホームページを見た』とお伝えください。

キャンペーン期間:2023/12/1~2024/3/31

⬆ 詳細は画像をタップ ⬆

受付時間

月~土曜/ 9:30~13:00

              15:00~20:00

祝日・日曜/9:30~18:30

タップすると「EPARK」という予約専門サイトに移行します。

  1. メッセージのやり取りをせず予約をしたい方
  2. EPARKのクーポンをお持ちの方

こちらの自動予約フォームが便利です。

ひらき整骨院