【質問箱】不安感や不眠を改善に導く生活習慣

知人が自律神経を病んでおり、不安感や不眠でとてもつらそうにしています。

 

原因は不規則な生活習慣と長期間にわたる心労のようです。

先生のところではそういった症状には対応可能でしょうか?

当院からのアドバイス

 

はい。対応可能です。

  • 強い不安感
  • 睡眠障害
  • 慢性的な疲労感

これらはお体の歪みに加えて、自律神経やホルモンバランスの不調を抱えていると起こる悩みです。

いわゆる、「自立神経失調」の症状ですね。

 

【当院での自立神経に対するアプローチ】

  1. 当院独自の「リダクター施術」
  2. 枕や頭の冷却によるうつ熱の沈静化
  3. 鼻呼吸の推奨や歩行指導で脳血流を改善
  4. 鰹節や大豆の加工食品、といった食でのホルモンバランス改善
  5. スマホやパソコン画面を見る際の光量をへらす工夫
  6. お米の置き換え食や、糖質制限による体質改善指導

このうち、3~6に関しては無理のない程度

ご自身で実践していただけますよ。

 

◎ 口呼吸は頭をぼ~っとさせて自律神経やホルモンバランスに良くないです。

なるべく鼻で呼吸するようにしましょう。

 

◎ 歩行で血液のめぐりを良くして頂けると、代謝が上がり疲労感や睡眠障害が収まりやすくなります。

 

◎ 鰹節は、セロトニンというホルモンの材料になる栄養が含まれるため、多く召し上がるといいですよ。

 

◎ 大豆に含まれるイソフラボンは、女性ホルモンに近い働きをします。

 

◎ 一日の中で強い光を長時間浴びると、自律神経が乱れます。ブルーライトにフィルターをかけるなどして、なるべく抑えるようにしましょう。

 

◎ 過剰な糖質や、質の悪い油の過剰摂取も体全体の老化を招きよくありません。置き換えや、制限をするなどして無理なく減らすようにするといいですよ。

 

トライしてみて、不明な点があればいつでもまた質問してくださいね。

 

これ以外にも、来院者様固有の症状に対して

オーダーメイドの対処をさせていただいています。

 

箇条書きに上げるだけではよくわからないと思いますので、一度来院して頂けると幸いです。

 

☆症状解説ページはこちら

http://hirakiseikotsuin.com/symptomscat/post-4900/

 

お体に関する質問お待ちしております

 

このようにひらき整骨院では、来院者様が安心していらしていただけるよう、積極的な情報提供、アドバイスを行っています。

 

当院に関すること、今お抱えの症状のこと、何でも構いませんので一度ご相談ください。

 

※開示させていただいたやり取りは、ご本人の承諾を頂いた上で行っております。

※アドバイスは、質問者様やその方の症状に近い方々に向けての内容になっており、
年齢や体力、症状によっては適さない場合もあります。

LINEからのご予約は 24時間受付中です。まずはここを押して当院を友だち追加してください