数回の施術で改善した踵の痛み(足底筋膜炎)からの改善例 65歳 男性

● 主訴:左かかと(足底筋膜炎)の痛み

● 併発症:なし

梅田さん足底

● つらくなった時期:R1年12月下旬

● 問診時のお話:

介護タクシーの仕事をしている。数日前から常に踵~土踏まず当りが痛むようになり、放っておいても良くならない。

足をつくだけでも痛いので、利用者さんの車いすの持ち上げや車の運転など常につらい。

奥様が心配し、通院中だった当院に紹介という形で来院する。

施術内容・経過

初診:R1年12月23日

左踵部に圧痛・荷重痛・若干の腫脹あり。

体幹の左回旋制限、左肩関節に運動制限。腰椎の後弯の減少と猫背姿勢がみられる。

施術前に患部の冷却を行い疼痛緩和が見られたので、継続して自宅でも行うよう指導。

症状が落ち着いたところで運動療法(WB体操)とリダクター施術を行う。

 

2回目:12月28日

左肩の挙上が70°程度まで上がるようになる。回旋制限もなく、腰椎の前弯を作る体操もしてくれていた。

アイシングを行いつつ、リダクター施術を行う。

姿勢が良くなったため踵にかかる不正な荷重がなくなり、痛みがほぼ消失している。

 

3回目:R2年1月8日

 

最終確認として、施術と再発防止の歩行指導を行う。

正しい軌道で腕を振りながら歩く事を練習すると、体操も上手に行えるようになる。

仕事が不定期なので余裕があったら通いたいとのことだったが、次回の予約はしばらく様子を見ることになり、足の治療は終了した。

通院終了時の状態(まとめ)

初回から熱心に体操指導に耳を傾けてくれたため、順調な経過だった。

途中、仕事の為に通院のキャンセルもあったが、体操やアイシングをしてくれたため悪化などもなかった。

診療は患者さんと二人三脚で行うものなのだと改めて感じた。

足底筋膜炎に対処する施術の様子

写真は左右にスライドできます

当院の外観

当院の外観

問診の様子

問診の様子

院の内観

院の内観

様々なローラー器具①

様々なローラー器具①

様々なローラー器具②

様々なローラー器具②

ミルキングアクションという運動療法

ミルキングアクションという運動療法

テーピングで再発防止

テーピングで再発防止

ここまで当院のホームページをご覧いただきありがとうございます。

 

私たちは、この3点を心がけて施術に当たっています。

  1. リラックスして検査や施術を受けていただくこと
  2. お客様がわかる言葉を使うこと
  3. 何事もお客様に合わせること

 

お客様の気持ちやお体に緊張があると、それがカウンセリングや検査時に現れてしまい正確な判断や良好なコミュニケーションが図れません。

これでは何も始まらないので、お客様にリラックスしていただく事は基本中の基本と考えています。

そのために、自分を出さずに黒子に徹することで、お客様の希望をそのまま引き出し、根底にある本当の目的を受け取るようにしています。

 

整骨院・整体院には様々な職種、年代、社会背景をお持ちの方が来院されます。

施術者側に「これくらいの話は理解していただけるだろう」という思い込みがあると、上手にこちらの意図が伝わらなかったり、誤解を招いてしまう事も多々あります。

それを防ぐために、お客様の背景を確かめたり、こちらが伝える情報の量や範囲を調節したり、言葉のチョイスを工夫したり、お客様の立場に立ってお話をするようにしています。

 

施術自体に関しても、お客様のもともとの体力・骨格の強さ、その日の調子にはいつも気を遣い、力任せでないやさしい施術を提供できるよう、日々修練をしています。

私たちは、つらい症状を改善に導くための準備と努力は惜しみません。

 

あなたのご来院を心よりお待ちしております。

ひらき整骨院 スタッフ一同

リダクター脊柱矯正+骨盤矯正コースの初回+2回目の通常価格16,600円が5960円!1日限定3名様

電話番号:03-3554-0159

受付時間
月~金/9時半~13時 15~20時 土・祝/9時半~13時

LINEからのご予約は 24時間受付中です。まずはここを押して当院を友だち追加してください

ネット予約も24時間受付中。ネットで予約・問い合わせする

足底筋膜炎について詳しくはこちら

足底筋膜炎