手根管症候群

足底筋膜炎

足底筋膜炎

  • 人差し指から中指にかけて、しびれや違和感が出始めた
  • 安静にしていてもしびれがあり、夜になると強くなる
  • ペットボトルのふたが開けられない
  • マッサージをを受けても、改善が見られない
  • 薬を服用しているが、いつまで飲み続けるのか不安になる

もう大丈夫です。

当院には、手根管症候群でお悩みの方が多く来院されて、改善している事例が数多くあります。

 

人差し指・中指を中心に、しびれや違和感などが出てきたら、それは手根管症候群の初期症状です。

 

そのうち良くなるだろうと放置してしまうと、しびれや違和感が増すだけでなく、にぎる力が弱くなり、物を持つことも困難になります。

 

さらに、手の筋肉がやせ細って、変形してしまう恐れがあるので注意が必要です。

 

もしあなたが手根管症候群でお悩みなら、一人で悩まずにぜひ一度当院まで気軽にご相談ください。

日常生活も痛みを気にすることなく過ごすことができるようになり、驚きました。

アンケート用紙

10年程前から腱鞘炎を発症し、指のしびれ、手首の痛みなど自常生活に支障をきたしていました。

外科にて「手根管症候群」との診断を受けました。治る可能性は五分五分と言われましたが、我慢の限界だったため手術をすることになっていました。

そんな時ギックリ腰になりひらき整骨院に行きその話をしたところ、手術はいつでもできると院長先生に力説され当院に通う事にしました。

すると2ヶ月ほどで痛みが緩和され、日常生活も痛みを気にすることなく過ごすことができるようになり、驚きました。

これからも通い続けて少しづつ改善していければと思います。

院長先生を信じてよかったです。

S様 板橋区 46歳 

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

産後に右手の親指の付け根が痛むようになってしまいましたが、良くしてもらいました。

お客様写真
アンケート用紙

妊娠中の左腰の痛みがとてもきつく、悩んでいるときに知人からひらき整骨院を紹介してもらいました。

施術では手足の筋肉を整えてもらったり、背骨の調整をしてもらいました。

産前に二度ほど施術を受けましたが、体を屈めたり起こしたりするのがしやすくなりとても助かりました。

産後にも、洗濯物を干したりする際に右手の親指の付け根が痛むようになってしまいましたが、それも数回の首や背骨の調整と手の施術、テーピングで良くしてもらいました。

 

今でも産後の骨盤ケアで通院しているので、快適に過ごせています。

A・A様 北区 38歳

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

当店の施術は、 お医者さんからも 高い評価を得ています

気さくで優しく、自己の研鑽を怠らない素晴らしい先生です。

 

私は日ごろ長野県飯田市の医療法人社団山力会 菅沼病院の内科とリハビリテーション科で、副院長として働いております。
日々の仕事のなかで、病気の予防に大事なことは
・適度な運動
・正しい所作での生活。
・健康的な食事をすること
だと考えており、日々の業務に取り入れております。また、長野県や東京近郊で講演も行っております。
平木先生も同じ考え方で施術をされている先生で、私自身も体を見ていただいたり、患者さんを紹介したりしております。
また、講師として先生を病院にお招きし、理学療法士に技術指導をして頂くなど、多くの面でとてもお世話になっています。
どんなときも技術や知識の研鑽を怠らない、信頼できる素晴らしい先生です。
医療法人社団山力会  菅沼病院  副院長  菅沼加奈子(医師)
長野県飯田市鼎中平1970
※菅沼様のご意見であり、効果効能を保障するものではありません。

技術、知識、人柄、どれをとっても自信を持ってお勧めできる素晴らしい院です。

平木先生にはじめてお会いしたのは東京開催の学術会議でした。

業種に関わらず多くの先生方の交流があり、私にも気さくにお話をしてくださいました。

歯科の仕事をしている際に時折患者様から、顎関節症(顎が痛い、顎が外れる)の相談を受けるとお話すると、平木先生自身も、顎や脊椎の疾患で悩まれ、自己養生で克服されたとおっしゃっていました。

そういう方ならと後日、顎の問題を訴える患者様に平木先生の院で施術を受けることをお勧めしました。

するとその方は、施術と生活習慣の指導で変化が実感できたと喜ばれていました。

顎の辛さが減っただけでなく、明らかに一日の仕事を終えた後の疲労度や、肩や腰の張りが無いそうです。

歯科の仕事で利用者様の歯の症状を見る際、歯科の分野ではカバーしきれない部分があります。

私自身も定期的にメンテナンスにお伺いしていますし、歯科矯正を行う前に骨格のゆがみを正したほうがいいと判断させて頂いた方をご紹介しています。

また医療者としての考え方を学ぶ先輩として、悩んだときには相談にも乗ってくれるとても頼りがいのある方です。

ひらき整骨院は施術の技術、知識、人柄、どれをとっても自信を持ってお勧めできる素晴らしい院です。

なかのぶ歯科 院長 間中広明(歯科医師)
東京都品川区東中延2丁目9-7 NNビル2階

※間中様のご意見であり、効果効能を保障するものではありません。

写真は左右にスライドできます

リダクター施術をしている様子

リダクター施術をしている様子

専用ローラーの数は板橋区内随一

専用ローラーの数は板橋区内随一

股関節矯正用水圧ベッド

股関節矯正用水圧ベッド

テーピング前の足首の矯正

テーピング前の足首の矯正

自律神経を落ち着かせる装置

自律神経を落ち着かせる装置

電話番号:03-3554-0159

受付時間
月~金/9時半~13時 15~20時 土・祝/9時半~13時

LINEからのご予約は 24時間受付中です。まずはここを押して当院を友だち追加してください

ネット予約も24時間受付中。ネットで予約・問い合わせする

写真は左右にスライドできます

問診の様子

問診の様子

検査で根本原因を把握

検査で根本原因を把握

様々なローラー器具①

様々なローラー器具①

様々なローラー器具②

様々なローラー器具②

手技による矯正

手技による矯正

背骨も施術します

背骨も施術します

テーピングで再発防止

テーピングで再発防止

ていねいな生活指導

ていねいな生活指導

当院が手根管症候群の施術に際して大切にしていること

手根管症候群は、神経が手首の「手根管」という部分で引っ掛かり邪魔されると症状が現れるといわれています。

しかし、ひらき整骨院では、このような手の周囲だけに目を向けるのではなく、

  • 首の骨のねじれ
  • 「胸郭」という、背骨と肋骨で構成される骨格のバランス

これらに着目して症状にアプローチします。

 

なぜなら手根管症候群の本当の原因は、頚椎(首の骨)の歪みと、硬くなった胸郭だからです。

 

 

「頚椎や胸郭の歪みの影響で手根管が狭くなる」結果、手の神経が圧迫され、筋力低下やしびれ・違和感を起こすのです。

当院の施術は

  1. サポーターなどによる安静
  2. マッサージによる筋肉のもみほぐし

こういったものとは全く違うアプローチで手根管の圧迫を軽減し、手の違和感やしびれを改善に向わせます。

 

根本的原因にアプローチをかけることで、早期改善だけでなく再発防止にも努めています。

あなたは今まで手根管症候群に対して、どのような処置を行ってきましたか?

◎ 整形外科では・・・

薬を処方され、安静にしてくださいと指示されることが一般的です。

手首を固定するサポーターを勧められることもあります。

 

◎ 他の整体院や接骨院では・・・

腕の筋肉のマッサージ、電気施術、テーピングやサポーターなどによる、手首を安静を保つ処置がとられます。

 

軽い症状の場合、整形外科や一般的な整骨院などで手根管症候群が改善される場合もありますが、実際には、

  • マッサージを受けても症状が良くなるのは一時的だった
  • 薬を飲んで安静にしているだけで本当に良くなるのかと不安
  • 手術を勧められたが怖いのでしたくない

と悩まれている方も多いようです。

当院での手根管症候群に対するアプローチ

 ひらき整骨院では、手根管症候群の原因を

「頚椎(首の骨)の歪み」

「硬くなってしまった胸郭」

この2つだと考えています。

 

そこで当院ではまず、全身の骨格バランスを検査し、

  • 頚椎(首の骨)の歪み
  • 胸郭の硬さ
  • 姿勢や、日常生活の動きの悪いくせ

などが無いかを調べます。

 

そのうえで、

  1. 特殊な施術ベッド『キネティックフロー』で運動を行い、胸郭に柔軟性をつける
  2. 『リダクター施術』によって、頚椎(首の骨)を整える
  3. 手にしびれや違和感を引き起こしている手根管の形を整える矯正施術を行う

といった流れで、手根管の症状にアプローチしていきます。

 

このように、根本原因である胸郭・頚椎(首の骨)を整える当院の施術で、早期改善・再発しない身体づくりをしていきます。

 

もしあなたが手根管症候群でお悩みなら、1人で悩まずにぜひ一度当院までご相談ください。

電話番号:03-3554-0159

受付時間
月~金/9時半~13時 15~20時 土・祝/9時半~13時

LINEからのご予約は 24時間受付中です。まずはここを押して当院を友だち追加してください

ネット予約も24時間受付中。ネットで予約・問い合わせする

当院の特徴をもっとお知りになりたい方は、

以下の画像リンクからご覧ください!

5つの理由

初めまして。ひらき整骨院 院長の平木です。

 

私は、学生の時から「腰椎分離すべり症」に苦しみ、押したり引いたり、温めたり様々な方法を試しましたがなかなか改善しなかったという経験を持っています。

 

日本には高度な医療制度があり、日本中には数多くの医療にかかわる人たちがいる中で、

「どうして私はこんなにも腰痛で苦しまなくてはいけなかったのか?」

という疑問から、私自身医療について勉強することにしました。

柔道整復師免許取得後、整形外科で勤務しながら、たくさんの方のお身体をみさせていただきました。

そこでさまざまな症状を抱える方々と触れ合う中で、現代医療のマニュアルにとどまらないつらさを持つ方が数多くいるという事実に気づきました。

そんな方々の苦しまれている姿や、手術か保存療法かと葛藤されている姿を間近でみて、そういった方々に新しい選択肢を提案し、少しでも力になろうと決意しました。

それから自分自身たくさんの講義や研修会に参加してきました。
現在でも、その姿勢は変わっておりません。

もしあなたが今、以前の私と同じようなお悩みを抱えているのであれば、腰痛になったことのない先生よりも深くお悩み・つらさに共感し、そのお気持ちに添ったところからの施術計画を立てることができます。

それをもとに、特殊な矯正器具で安全かつ効果的に、背骨と骨盤の形や動きを揃え、きれいな所作が身に付きやすいお身体に変えていきます。

これまでつらい痛みに耐え、たくさんのつらさを抱えていた方にも、きっと楽になっていただけると思います。
ぜひ一度、ひらき整骨院の施術を受けてみてください。

 

初めまして! ひらき整骨院 副院長の酒井です。

 

私は高校生のころから人の体の奥深さに関心があり、いつも勉強したり、学んだことを実践してみたりしていました。

それを活かして、当時所属していた部活では栄養管理の仕方やトレーニングメニューの指導をしたりしていました。

そしてこういった活動を仕事にしたいと考えるようになっていきました。
柔道整復師の国家資格を取得し、診療者として日々過ごしていく中で、

「まずは相手のお話をしっかりと聴き、安心・納得してもらった上で診療にあたる。」
「どんなに良いと思うことでも、相手の方の側に立って考える。」
「見聞きしたことは自身で行い確かめたうえで、実体験のもとにお伝えする。」

これらの大切さを痛感し、いつも心がけるようになりました。
「背骨や骨盤を根本から整えて、生活指導でそれを維持していただく」という当院独自のアプローチを行うには、上記の心がけが欠かせません。

ただでさえ「自分の辛さは良くなるのだろうか…?」と不安を抱える方々に、まだ受けたことのない施術やしたことのない生活指導を受けていただく。

そのために「人と人との関わり」を大切にしないことには、何も始まらないのです。
私は、どんなお悩みを抱える方でもまず、人として安心できる先生だと感じて頂きたいと思い施術をしています。

 

些細なことでも構いませんので、お話を聞かせて下さい。

心よりご来院お待ちしております。

電話番号:03-3554-0159

受付時間
月~金/9時半~13時 15~20時 土・祝/9時半~13時

LINEからのご予約は 24時間受付中です。まずはここを押して当院を友だち追加してください

ネット予約も24時間受付中。ネットで予約・問い合わせする