足底筋膜炎

足底筋膜炎

足底筋膜炎

こんな足底筋膜炎の症状で悩んでいませんか?

  • 数か月前からずっと、動き出しや疲れたときに足の裏にピリッと走る痛みに悩まされている。
  • 病院で足底筋膜炎だと診断され、「安静にしてください」とだけ言われてシップと電気治療。でも全然よくならない。
  • 足のアーチをサポートするインソールを使ってみたけど、良くなるどころか悪化してしまった。
  • ステロイド注射を勧められたが、あまり頼りたくない。もしくは注射をしたが改善しない。
  • 病院に行くのをやめて様々な治療院を回ったが、いまだに良いところが見つからない…。

こんな症状でお悩みなら、一度ひらき整骨院にご相談ください。

リダクター脊柱矯正+骨盤矯正コースの初回+2回目の通常価格16,600円が5960円!1日限定3名様

電話番号:03-3554-0159

受付時間
月~金/9時半~13時 15~20時 土・祝/9時半~13時

LINEからのご予約は 24時間受付中です。まずはここを押して当院を友だち追加してください

ネット予約も24時間受付中。ネットで予約・問い合わせする

そもそも、足底筋膜炎とは?

足底筋膜炎は、踵の内側の少し前の筋肉が痛む疾患です。

40~60歳代に多くみられます。

起床した後の一歩目が痛い、長時期間座ったあと歩き始めると痛いといった症状がみられます。

 

土踏まずの筋肉「足底筋膜」が、運動不足や使い過ぎ、立ちっぱなしの仕事による負担などが原因で発症します。

長時間の立ち仕事や急な運動などの動作が原因で筋肉はいっそう硬くなってしまい、病状は悪化していきます。

足底筋膜に裂傷が生じて炎症を起こし、突っ張るようなズキンとした鋭い痛みを起こすようになります。

 

◎ 症状をほうっておくと・・・

症状を放っておくのは、本当の原因を改善していないことになり、良くありません。

足底筋膜炎の原因は土踏まずだけでなく、太ももやふくらはぎといった部分も関係があります。

姿勢を支える筋肉が全体的に硬くなっていることが本当の原因なんです。

そういった部分を固まらせない「体の形・使い方」を作っていかない限り簡単に再発してしまいます。

 

辛さを我慢して放っておくと、

  1. 毎日仕事終わりにマッサージでほぐしてもらう
  2. 何種類ものインソールを延々と試し続ける
  3. どんどん動きが辛くなり仕事や私生活に支障をきたす

ということにもなりかねません。

 

あまりに痛みがひどい場合は土踏まずの腱の膜を切り離す手術や、神経の枝の開放術内視鏡手術も考えなくてはならなくなります。

 

日々の辛さに耐えながら、手術をするべきか思い悩む・・・。

そんな事態は避けたいですよね?

 

ただの足のツッパリ感、ただの動き出しの痛みと甘く考えず、しっかり根本原因をとらえた治療を受けるようにしましょう。

整形外科や一般的な整骨院・整体での対処法

いまから一般的な整形外科や整骨院が、どのように足底筋膜炎に対処してくれるのかをお伝えしていきます。

 

足底筋膜の炎症は、他の疾患と比べて治まるまでに長い期間を要する場合が多いです。

その場しのぎの痛み止めや、安易なマッサージを長期間続けると、ただの炎症だったものが、さらに進展し「骨棘」という骨の固まりに変化する事もあります。

そうなってしまえばより治りづらくなりますし、症状も悪化します。

お体の将来のためにも、しっかりと治療院選びをしていきましょう!

整形外科での対応

整形外科では基本的に、骨には異常なければ足底筋膜炎は自然治癒するという考え方です。

炎症がある期間のの治療方針は、電気治療や温熱療法、痛み止めの貼り薬や注射です。

そして患部を安静ににするようにといった指導があります。

 

また、踵周囲が痛くなるほかの疾患との区別もしてもらえます。

たとえば、

・足根管症候群

・踵骨骨折

・骨棘のできてしまっている足底筋膜炎

これらは治療法が足底筋膜炎と違ってくる場合があるので(神経痛の治療や手術)、きちんと診断してほしいという方はまず整形外科に行かれることをお勧めします。

 

一般的な整骨院・整体での対応

では、一般的な整骨院ではどうでしょうか。

 

整骨院でも、温熱療法、電気治療器など病院でしてもらえる治療をしてもらえます。

 

それだけではなく、整骨院は院ごとに独自性があります。

手技の独自性のほかにも、鍼灸院を併設しているところ、リハビリ設備のあるところ、インソールなどの品ぞろえがあるところ、などさまざまで、個別に相談に乗ってくれます。

病院に言って検査を受けて、

 

「足の裏のアーチは特に異常は見られない」

「骨には異常はない」

という言葉の一点張りで話を聞いてもらえた気がしない。

「炎症が引いたらストレッチの段階に進んで、筋肉を柔らかくしましょう」と言われるも、

炎症がいつまでも治らないのでストレッチの段階に行けない。

そういった理由から困って整骨院に行かれる方が多いようです。

 

「病院よりもきちんと、長く話を聞いてもらいたい、専門家の話を聞いて、健康法や健康器具を試したい」

という方には整骨院に行かれることをお勧めします。

当院の足底筋膜炎に対するアプローチ

ひらき整骨院では、整形外科やほかの整骨院では行っていない「リダクター施術」という施術を行い、足底筋膜炎に対処しています。

土踏まずだけでなく、骨盤から足の骨の並びの調整を行い、足の裏に負担がかからない立ち方ができるようにします。

そのうえで、痛みの出ない範囲から少しづつ、日常生活の動きを綺麗に行えるように所作を正していきます。

 

一般的な整骨院・整形外科では、この「所作を正す」アプローチはほとんどされていません。

筋肉の炎症が治まっても、柔軟性がついても、体の使い方が悪いままだったら当然症状は再発します。

 

ひらき整骨院の足底筋膜炎に対するアプローチはそうではなく、足底筋膜炎の根本原因は骨盤から始まる足の運動の乱れにあると考えます。

そして足底筋膜炎を起こさないお体の使い方を患者様に身に着けて頂くことを施術のゴールにしています。

そのためにまず、「リダクター施術」で背骨と骨盤をそろえ、所作の練習を行います。

その「リダクター施術」がなぜ高い評価を得ているのか、以下をお読みになって確かめてみてください。

5つの理由

このリダクター処置で、一歩踏み出すだけでも痛かった足底筋膜炎が快方に向かうだけでなく、同時に抱えていた腰痛、肩こりまでよくなったと大変喜ばれる方もいらっしゃいます。

それに加えてそれを専門家の視点での生活指導もしていますので、症状を取ること、再発・悪化を防ぐこと双方で万全です。

効果的なセルフケアでも、やり方が正しくないと効き目がなかったり逆効果になってしまうことがありますので、一度ひらき整骨院に相談いただく事をお勧めします!

 

当店の施術は、 お医者さんからも 高い評価を得ています

技術、知識、人柄、どれをとっても自信を持ってお勧めできる素晴らしい院です。

平木先生にはじめてお会いしたのは東京開催の学術会議でした。

業種に関わらず多くの先生方の交流があり、私にも気さくにお話をしてくださいました。

先輩の歯科医師の先生に「医療者も自分自身のケアが大切だ」と勧められ、平木先生の院に施術をお願いしたところ、数回の施術で変化が実感できました。

明らかに一日の仕事を終えた後の疲労度や、肩や腰の張りが無いのです。

歯科の仕事で利用者様の歯を見る際、どうしてもきつい態勢で体をひねることがよくあります。

もちろんパソコン作業や日々の勉強も多くこなさなければなりません。

そういう事があっても体がつらくないのです。

本当に驚きました。

今でも定期的にメンテナンスにお伺いしていますし、歯科矯正を行う前に骨格のゆがみを正したほうがいいと判断させて頂いた方を紹介させて頂くこともあります。

また医療者としての考え方を学ぶ先輩として、悩んだときには相談にも乗ってくれるとても頼りがいのある方です。

ひらき整骨院は施術の技術、知識、人柄、どれをとっても自信を持ってお勧めできる素晴らしい院です。

 

なかのぶ歯科 院長 間中広明(歯科医師)
東京都品川区東中延2丁目9-7 NNビル2階

※間中様のご意見であり、効果効能を保障するものではありません。

リダクター脊柱矯正+骨盤矯正コースの初回+2回目の通常価格16,600円が5960円!1日限定3名様

電話番号:03-3554-0159

受付時間
月~金/9時半~13時 15~20時 土・祝/9時半~13時

LINEからのご予約は 24時間受付中です。まずはここを押して当院を友だち追加してください

ネット予約も24時間受付中。ネットで予約・問い合わせする

ひらき整骨院

〒173-0023東京都板橋区大山町15-5グランドール大山101