脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症

 

※コロナウイルス対策が気になる方へ

写真は左右にスライドできます

当院はコロナウイルス対策を十分に行っております

当院はコロナウイルス対策を十分に行っております

カテキン成分の噴霧

カテキン成分の噴霧

カテキンは人体に優しく、抗ウイルス作用があります。

換気を十分に行う院内

換気を十分に行う院内

時間に余裕を持った予約制にしていることで、
換気もこまめに行えます

独自の施術スタイル①

独自の施術スタイル①

各種器具や施術着、顔あて部分も清潔に保っております

独自の施術スタイル②

独自の施術スタイル②

直接向き合う事が少なく互いに距離があるので、
生活指導などの会話をしても安心です

安心の施術スタイルと情報提供

 

当院の施術は

  • 完全予約制で不特定多数の方が触れ合わない
  • スタッフと来院者様が直接向かい合わない処置

という特徴があります。

 

更に「院内茶カテキン微粒子噴霧」

という独自のウイルス対策も行っております。

 

生活指導としてもウイルス対策の知識を提供させていただいております。

詳しくは当院のコロナウイルス対策のブログをご覧ください。

 

これらの対策で、安心・安全に施術を受けていただけます。

 

ぜひこのまま読み進めて頂き、

当院の特徴をお知りになってください。

 

  • 歩いているとすぐ辛くなって、度々休まないといけない。
  • 車の運転を長い間していると腰や足に痛み、しびれが出る。
  • 歩幅が狭く、歩く速さも遅くなってきている。
  • 整形外科で、脊柱管が狭くなっていると言われれてしまった。
  • 手術はせず、痛み止めで様子をみることになったが、病院はそれ以上何もしてくれない。

 

安心してください。

 

ひらき整骨院は、手術をせずに脊柱管狭窄症を改善に導く

特殊技術を持った整骨院です。

 

  • 優しい刺激の施術だから安心だと整体に行ったら症状が悪化した。
  • ストレッチをしたら以前と違う辛さが出てしまった。
  • 病院で痛み止めをもらって飲んでもだんだん効かなくなってきた。

ひらき整骨院には、こんな体験をし、

どこに行けば改善するのかとお悩みの方が多く来院されます。

 

そういった方々にも信頼していただいているのは、

整形外科にも、一般的な整骨院にない

「当院独自の強み」があるからです。

それは・・・

 

リダクターという特殊な矯正器具で

人の手では届かない深部まで痛みや歪みにアプローチできること。

 

各種ローラー器具を用いることで

安全性、精確性が確保されていること。

 

太極拳をもとにした独自のセルフケア指導で

症状が改善した後の再発防止、生活の質向上が望めること。

 

対処法が見つからず一人でお悩みなら、

ぜひ当院の魅力をお知りになってください。

写真は左右にスライドできます

立地と外観

立地と外観

東武東上線大山駅、南口から徒歩3分のところにあります。

信頼・技術力・独自性

信頼・技術力・独自性

改善しなかったつらい症状も、当院なら大丈夫です。

受付・問診スペース

受付・問診スペース

しっかりとお話をお伺いさせていただきます。

特殊な水圧式施術ベッド

特殊な水圧式施術ベッド

寝た姿勢のままで、インナーマッスルを刺激する運動ができます。

各種「リダクター施術」用ローラー

各種「リダクター施術」用ローラー

お体の様子や症状に合わせて幅広く安全な処置が可能です。

リダクター施術

リダクター施術

当院が行う、習得の難しい高度な施術法です。

各種ローラーを使った施術

各種ローラーを使った施術

局所的な処置も精密かつ安全に行なえます。

生活指導

生活指導

歩行法、呼吸法、日常の姿勢など細かく指導させていただきます。

予約制にて、お一人お一人しっかりと施術させて頂きます。

住所 〒173-0023

東京都板橋区大山町15-5 グランドール大山 101

電話番号 03-3554-0159
営業時間 平日:AM9:30~13:00 PM15:30~20:00

土曜・祝日:午前のみ営業(時間外も相談可)

定休日 日曜日
駐車場 院向かいに有料駐車場があります。
クレジットカード 一部メニューのみ利用可能

リダクター脊柱矯正+骨盤矯正コースの初回+2回目の通常価格16,600円が5960円!1日限定3名様

電話番号:03-3554-0159

受付時間
月~金/9時半~13時 15~20時 土・祝/9時半~13時

LINEからのご予約は 24時間受付中です。まずはここを押して当院を友だち追加してください

ネット予約も24時間受付中。ネットで予約・問い合わせする

いくつかの整骨院に通いましたが良くならず、手術を勧められました。

アンケート用紙

私は64歳の時に急に腰痛になりトイレにも行けない程でした。

近所の整形外科に行くと脊柱管狭窄症と言われました。

そして、いくつかの整骨院に通いましたが良くならず、MRIもすすめられ受けた所手術を勧められました。

手術をせずに治したいと思いネットで調べ、ひらき整骨院を見っけました。

通い始めると、今まで受けて来た施術と全く違う方法でして頂きみるみる症状が改善していきました。

とてもありががたく、これからもお世話になりたいと思います。

Y・H様 豊島区 75歳 

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

「本当によくなるの?」といった印象でしたが、終わってみるとすごく楽になっていました。

お客様写真
アンケート用紙

脊柱管狭窄症と診断されてから、何件か整骨院で施術を受けましたが全く緩和されず悩んでいた頃、知り合いに紹介され試しにと訪ねてみました。

その施術法はマッサージといった痛みが伴うものではなく「本当によくなるの?」といった印象でしたが、終わってみるとすごく楽になっていました。

施術以外にも日常で生活する上でのアドバイス(歩き方、座り方等)もしてくれるので、すぐ痛みが戻ることが少なくなりました。

今後も通っていこうと思います。

K.M様 39歳 さいたま市

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

坐骨神経痛が歩行困難になるほど悪化し、薬やマッサージで一向に改善せず来院しました。

アンケート用紙

今年の初めから約半年坐骨神経痛が歩行困難になるほど悪化し、整形外科で脊柱管狭窄症と診断されました。

薬やマッサージで一向に改善せず、インターネットで当院を調べ来院しました。

(施術に加えて)普段の生活の仕方や立ち上がり方法、氷を使っての背骨の冷却などを一か月ほど行ったところ、悪い時を100%とすると現在は50%までになり、日常生活ではほとんど支障がなくなりました。

以前はつかまり立ち得推していたのが、朝起きる時膝に力を入れて立ち上がれるようになりました。

もう少し頑張ります。

船岡英夫様 68歳 練馬区

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

仕事に行くにも朝痛み止めを飲まなければならなかったのですが、大丈夫になりました。

アンケート用紙

脊柱管狭窄症で悩んでいて、友人に良い整骨院を調べてもらいひらき整骨院を知りました。

仕事に行くにも朝痛み止めを飲まなければならなかったのですが、施術を二回受けた後には飲まなくて大丈夫なようになりました。

三回目の施術を受けた後には自信を持って仕事に向かえるようになりました。

膝と左肩にも痛みがあるのでこのまま通院して治してもらおうと思っています。

飯塚様 埼玉 64歳

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

脊柱管狭窄症は手術しかない?

 

脊柱管狭窄症の手術適応は

  1. 日常生活が送れないほど悪化してしまった場合
  2. 神経障害により膀胱や腸の働きの異常がある時
  3. 先天的脊柱管狭窄症で症状改善が見込めない場合

という主に3つの例があります。

 

以前はそれ以外の軽度な脊柱管狭窄症でも、

自然に良くなることが少ないといわれ

手術が推奨されていました。

 

ですが最近になり

手術をしても後遺症が残る場合があること

手術なしに対応できるケース

などが多く報告されています。

当院が他の整骨院、整形外科と違う所は

 

当院が脊柱管狭窄症の方に対して行う施術は、

1.リダクターなどの各種ローラー器具

(特殊な器具を使用した矯正施術)

 

2.ミルキングアクション

(骨盤、股関節を同時に整える運動法)

 

3.太極拳をもとにした体操・歩行指導

など、今現在の辛さから施術をうけた後の生活までをしっかりカバーしています。

 

あなたの抱えている脊柱管狭窄症の症状は、これら特殊な矯正施術によって根本から対処できます。

写真は左右にスライドできます

リダクター施術の様子①

リダクター施術の様子①

リダクター施術の様子②

リダクター施術の様子②

専用ローラーの数は板橋区内随一

専用ローラーの数は板橋区内随一

股関節矯正用水圧ベッド

股関節矯正用水圧ベッド

当院独自の処置台

当院独自の処置台

生活習慣もしっかり

生活習慣もしっかり

歩行指導で再発防止

歩行指導で再発防止

一般的な対処で脊柱管狭窄症が改善しない理由は?

 

「どこに行っても良くならない」

「つらさを訴えても分かってもらえない…」

といった悩みを抱える方が多いのは、

真の原因を見極めたアプローチのできる院を訪ねていないから。

 

一般的な整形外科や整骨院では電気や温熱、リハビリなどが処置の中心になります。

  1. 患部の温めをする
  2. 筋肉の緊張をほぐす
  3. 背骨や骨盤の牽引を行う
  4. 薬で痛みを一時的にやわらげる

こういった処置は残念ながら根治にはつながりません。

なぜなら

辛い所、痛い事にしか注目しない処置

根本原因には触れない

原因となる悪い生活習慣を直さない

かばい動作がそのまま癖になっていき、

症状の再発、悪化、複雑化

という悪いルートをたどるからです。

 

軽い症状の場合、整形外科や一般的な整骨院などで

改善される場合もありますが、実際には、

  • 再発防止の方法を教えてくれない
  • または良くなったと思っても再発する
  • 痛みが良くなっても、他の症状は残ったまま

といったことで悩まれている方が多いようです。

 

当院ではローラーをはじめ「20種類以上の矯正器具」をあなたの症状に合わせて使用します。

 

処置や道具の選択を適切にし効果的な処置ができるよう、熟練した施術スタッフが丁寧なカウンセリングと背骨や骨盤の精確な動作分析を行います。

お一人お一人に合わせた対処の選択

 

カウンセリングとお体の検査が済むと施術に入ります。

 

● 筋肉の緊張が強く腰痛が激しい場合は、痛みを引き起こさないための生活指導とローラー施術を行います。

 

● 神経障害、神経痛が強く出ている場合、キネティックフローという処置ベッドでミルキングアクションという運動による矯正を主ないます。

 

● 施術後の良い状態が長続きするように、太極拳をもとにした歩行指導テーピングの処置などもさせていただきます。

根本原因を突き止める分析力

×

高度な処置の最適な選択

これがひらき整骨院の独自の強みです。

詳しい内容は以下の画像リンクをご覧ください。

⇩⇩⇩

医師・歯科医師の推薦

 

ここまで当院のホームページをご覧いただきありがとうございます。

 

ここで一つ考えて欲しいことがあります。

 

  • 施術の技術が優れていること。
  • 設備が優れていること。

これらはどんな病院、整骨院も目指すところで、医療機関においての「華」といえるものです。

そして妥協なく最高のものを提供するべきだと思います。

 

しかし当院はそれ以上に、

  • 来院者様のお話をていねいに聴いて、問題点を洗い出す事
  • 日常生活に戻られたあとも良い状態を維持できるよう、生活指導をする事

これらに高い意識をもってあたっています。

 

「根本原因の見たて」や「施術後の生活のサポート」にもしっかりとした準備をする。

この考え方を持っていることが、他の病院や整骨院と当院の大きな違いです。

 

来院者様の生活に十分に配慮した視点で施術をし、

院を出られた後も良い状態が持続するようサポートする。

地道なことではありますが、これが最も来院者様のためになることだと考えています。

 

あなたのご来院を心よりお待ちしております。

ぜひ一度ひらき整骨院にご相談ください。

 

 

リダクター脊柱矯正+骨盤矯正コースの初回+2回目の通常価格16,600円が5960円!1日限定3名様

電話番号:03-3554-0159

受付時間
月~金/9時半~13時 15~20時 土・祝/9時半~13時

LINEからのご予約は 24時間受付中です。まずはここを押して当院を友だち追加してください

ネット予約も24時間受付中。ネットで予約・問い合わせする

よくあるご質問

Q. どのくらいで良くなりますか?
A. 症状によりますが約10回ほどで良くなって頂けることが多いです。

経過としては5~6回で症状の軽減が見らます。

その後自己管理の方法を身に着け基礎的な体力をつけていきます。

来院間隔をあけながら数回通院していくのに伴い、症状やお身体全体の状態が安定し、自信を持っていただけるようになります。

 

Q. 会社帰りに行きたいのですが、着替えはありますか?
A. 清潔な施術着をご用意しております。

更に当院は、夜20時まで受付をしておりますので、時間の面でも安心してご来院頂けます。

 

Q. 整体や整骨院というと、ボキボキする痛いイメージがあるのですが・・・
A. 関節が鳴るような処置をしたり、急激なひねりを加えたりすることは一切ありません。

強い力で筋肉を強引に引き延ばすことも致しません。

※加えて申し上げますと、ボキボキしない、痛くないというだけでは、人の体にとって安全であるとは言えません。

その施術法に対する熟練度、十分な医学知識が備わっていないと、自己につながるケースは多々あります。

信頼できる先生に見てもらう事が大切です。

 

Q. ブログや記事は誰が書いていますか?

A. 副院長の酒井が書いています。楽しみにして頂けると嬉しいです。