脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症

こんな症状に心当たりはありませんか?

  • 整形外科で、腰椎の脊柱管狭窄症があると診断されてしまった。
  • 手術の必要はなし、痛み止めで様子をみるように言われたが、歩いたり体を反らせたとき痛みがあり不自由を感じている。
  • 車の運転も、長い間乗っていると腰や足に痛みが出る。自転車も乗るのが怖い。
  • 痛みやしびれで少しずつしか歩けない。歩いているとだんだん辛くなって、休んでまた歩くようになっている。
  • 疲れが溜まっているときほど症状がつらい気がする。

もしそうであれば、このまま読み進めてください!

 

脊柱管狭窄症は、以前は自然に良くなることが少ないといわれ手術が推奨されていました。

ですが手術をしても後遺症が残る場合があることや、最近になり手術なしに対応できるケースが多く報告されています。

なので、強い痛みがなく改善に向かうのを待てる場合は手術以外の方法であせらず対処するのが原則となっています。

 

手術をせずに脊柱管狭窄症のつらさを改善したいとお考えなら、一人で悩まずぜひ当院にいらしてみてください!

「本当によくなるの?」といった印象でしたが、終わってみるとすごく楽になっていました。

お客様写真
アンケート用紙

脊柱管狭窄症と診断されてから、何件か整骨院で施術を受けましたが全く緩和されず悩んでいた頃、知り合いに紹介され試しにと訪ねてみました。

その施術法はマッサージといった痛みが伴うものではなく「本当によくなるの?」といった印象でしたが、終わってみるとすごく楽になっていました。

施術以外にも日常で生活する上でのアドバイス(歩き方、座り方等)もしてくれるので、すぐ痛みが戻ることが少なくなりました。

今後も通っていこうと思います。

K.M様 39歳 さいたま市

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

三回目の施術を受けた後には自信を持って仕事に向かえるようになりました。

アンケート用紙

脊柱管狭窄症で悩んでいて、友人に良い整骨院を調べてもらいひらき整骨院を知りました。

仕事に行くにも朝痛み止めを飲まなければならなかったのですが、施術を二回受けた後には飲まなくて大丈夫なようになりました。

三回目の施術を受けた後には自信を持って仕事に向かえるようになりました。

膝と左肩にも痛みがあるのでこのまま通院して治してもらおうと思っています。

飯塚様 埼玉 64歳

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

リダクター脊柱矯正+骨盤矯正コースの初回+2回目の通常価格16,600円が5960円!1日限定3名様

電話番号:03-3554-0159

受付時間
月~金/9時半~13時 15~20時 土・祝/9時半~13時

LINEからのご予約は 24時間受付中です。まずはここを押して当院を友だち追加してください

ネット予約も24時間受付中。ネットで予約・問い合わせする

そもそも脊柱管狭窄症とは?

脊柱管狭窄症は、椎間板ヘルニアと同様にお尻から足にかけての痛みが主症状です。

椎間板ヘルニアが若い人に多いのに対して、脊柱管狭窄症は中高年の方々に発症することが多いです。

 

特徴的な症状は間欠性跛行(かんけつせいはこう)です。

これは、少し歩くとお尻からふとももにかけて痺れや痛み、だるさなどがでて歩けなくなる神経の症状です。

前屈みの姿勢で休むとつらさが和らいで、再び歩けるようになるのが特徴です。

 

腰の痛みはむしろ軽い傾向がありますが、腰だけでなく太ももやふくらはぎにかけて痛みやしびれを生じるため、それらの症状をとることが診断の主眼になります。

整形外科や一般的な整骨院・整体での対処法

ここからは、一般的な医療機関での対処法がどんなものかをお伝えしていきます。

1.整形外科での対処法

背骨と骨盤

整形外科やでの対処は診断が第一。正確さが求められています。

悩みを抱えた方の訴えが間欠性跛行なのかどうか、ということを検査します。

腰椎すべり症や椎間板ヘルニアでも足のしびれは出現しますが、それぞれ対処法は異なるので、レントゲンやMRIなどでそれらの疾患と区別します。

脊柱管狭窄症だと分かってから病状の判断、対処法の選択がなされます。

 

脊柱管狭窄症には主に2つのタイプがあります。

  1. 神経根圧迫型
  2. 馬尾神経弛緩型

この二つです。

 

① 馬尾型:

馬尾型の対応は一般的にリハビリや脊髄への血流促進が主になります。

神経が圧迫されて血流が滞ることが症状の原因と考えられているため、血行促進、鎖痛剤を投与することになります。

膀胱や腸の働きの異常がある場合、排泄の問題などが起き生活への支障が大きいため手術を選択する場合もあります。

 

② 神経根型:

神経根型は片側の足に痛みやしびれが出ることが多いです。

Kemp(ケンプ)テストなどにより、神経根型と診断がつくと、ブロック注射が勧められるでしょう。

 

また、脊柱管が生まれつき狭くなってしまっているものは先天的脊柱管狭窄症です。

間欠性跛行が両脚に発現したらこの先天的脊柱管狭窄症の可能性が高く、ブロック注射は一時的な痛み止めでしかなく手術が必要な場合が多いです。

 

手術ではどんなことをするかというと、脊柱管を狭めている靭帯などを切りとる手術をします。

腰椎すべり症と脊柱管狭窄症を合併してしまっている場合は、金属を使用した固定術も行われます。

一般的な整骨院・整体での対処法

マッサージ

整骨院では電気や温熱、リハビリやマッサージが処置の中心になります。

症状に応じて患部を温め血行をよくし、筋肉の緊張をほぐして痛みをやわらげます。

施設によっては骨盤の牽引を行うところもあります。

整骨院に鍼灸師の先生がいて、鍼をしてもらえる整骨院も多くあります。

 

そして以下に記すように、腰に負担をかけないための生活習慣の指導をする院もありますね。

  1. 院内設備のトレーニング器具や運動機械で腹筋、背筋を鍛える。体重を落とす。といったリハビリをする。
  2. 労作業は長時間しない。同じ姿勢を続ける場合は休憩をとり、軽い運動をするように、など生活上の指導をする。
  3. ベッドや布団はかためを選ぶ、など背骨に負担をかけない寝具や靴、衣類を紹介する。
  4. その他(シップ、コルセットなど)

 

多様なの対処法があること、対応してくれる時間が長いことが整骨院、整体の特徴です。

当院の脊柱管狭窄症に対するアプローチ

でも、これだけの療法や医療機関があるのに、どうして

「どこの医療機関に行っても良くならない」

「つらさを訴えても分かってもらえない」

といった悩みを抱える方が多いのでしょうか?

 

  • 優しい刺激の施術だから安心だと、近くの整体で診てもらったら症状が悪化した。または以前と違うつらさが出るようになった。
  • 健康法をいろいろなところで教わったが、どれもしっくりこない。
  • 痛み止めを飲んでもだんだん効かなくなってきた。
  • 勇気を出して手術してみたが、術後の回復にかなり時間がかかったうえ、自分が思ったよりも暮らしの質が楽にならなかった…。

 

ひらき整骨院には、こんな悩みを抱えどこに行けば良いのか分からず来院される方がたくさんいらっしゃいます。

そういった方々に信頼していただいているのは、整形外科にも、一般的な整骨院や整体にない強みがあるからです。

選ばれる5つの理由

当院が脊柱管狭窄症の方に対して行う施術は、

  1. リダクター処置(特殊な器具を使用した矯正施術)
  2. 各種ローラー器具
  3. ミルキングアクション(足首や膝、股関節の関節を整える運動療法)
  4. 当院独自のテーピング処置

と、多岐にわたります。

お客様の抱えている脊柱管狭窄症の症状は、これらで骨盤や背骨を矯正することで対処できます。

 

その際、施術の技術が優れていること、設備が優れていること。

これらはどんな院も目指すところです。

当院はそれだけでなく、

  • お客様のお話をていねいに聴いて、問題点を洗い出す事
  • お客様が日常生活に戻られたあとも良い状態を維持できるよう、生活指導をする事

これらにも高い意識をもってあたっています。

「技術や設備」は医療機関においての「華」といえるものです。そして妥協なく最高のものを提供するべきだと思います。

ですがそうではない「見たて」「施術後のお客様の生活」にも心配りをする。

この考え方を持っていることが、他の病院や整骨院との大きな違いです。

あなたの悩みをしっかりとくみ取り、適切な処置をし、院を出られた後にも生活指導により改善傾向が持続するため、多くの方が満足してくださるのです。

 

脊柱管狭窄症でお悩みならぜひ一度、ひらき整骨院にご相談ください!

当店の施術は、 お医者さんからも 高い評価を得ています

気さくで優しく、自己の研鑽を怠らない素晴らしい先生です。

 

私は日ごろ長野県飯田市の医療法人社団山力会 菅沼病院の内科とリハビリテーション科で、医師として働いております。
日々の仕事のなかで、病気の予防に大事なことは
・適度な運動
・正しい所作での生活。
・健康的な食事をすること
だと考えており、日々の業務に取り入れております。また、長野県や東京近郊で講演も行っております。
平木先生も同じ考え方で施術をされている先生で、私自身も体を見ていただいたり、患者さんを紹介したりしております。
また、講師として先生を病院にお招きし、理学療法士に技術指導をして頂くなど、多くの面でとてもお世話になっています。
どんなときも技術や知識の研鑽を怠らない、信頼できる素晴らしい先生です。
医療法人社団山力会  菅沼病院  総合内科専門医  菅沼加奈子(医師)
長野県飯田市鼎中平1970
※菅沼様のご意見であり、効果効能を保障するものではありません。

技術、知識、人柄、どれをとっても自信を持ってお勧めできる素晴らしい院です。

平木先生にはじめてお会いしたのは東京開催の学術会議でした。

業種に関わらず多くの先生方の交流があり、私にも気さくにお話をしてくださいました。

先輩の歯科医師の先生に「医療者も自分自身のケアが大切だ」と勧められ、平木先生の院に施術をお願いしたところ、数回の施術で変化が実感できました。

明らかに一日の仕事を終えた後の疲労度や、肩や腰の張りが無いのです。

歯科の仕事で利用者様の歯を見る際、どうしてもきつい態勢で体をひねることがよくあります。

もちろんパソコン作業や日々の勉強も多くこなさなければなりません。

そういう事があっても体がつらくないのです。

本当に驚きました。

今でも定期的にメンテナンスにお伺いしていますし、歯科矯正を行う前に骨格のゆがみを正したほうがいいと判断させて頂いた方を紹介させて頂くこともあります。

また医療者としての考え方を学ぶ先輩として、悩んだときには相談にも乗ってくれるとても頼りがいのある方です。

ひらき整骨院は施術の技術、知識、人柄、どれをとっても自信を持ってお勧めできる素晴らしい院です。

なかのぶ歯科 院長 間中広明(歯科医師)
東京都品川区東中延2丁目9-7 NNビル2階

※間中様のご意見であり、効果効能を保障するものではありません。

リダクター脊柱矯正+骨盤矯正コースの初回+2回目の通常価格16,600円が5960円!1日限定3名様

電話番号:03-3554-0159

受付時間
月~金/9時半~13時 15~20時 土・祝/9時半~13時

LINEからのご予約は 24時間受付中です。まずはここを押して当院を友だち追加してください

ネット予約も24時間受付中。ネットで予約・問い合わせする

ひらき整骨院

〒173-0023東京都板橋区大山町15-5グランドール大山101